画像

みなさん、こんばんは。

経済的自由を目指す投資家の森田です。

我が家ではこどもの資産形成のためにジュニアNISAを積極的に活用しています。

今回はレバレッジファンドであるSPXLなどに投資している第2子のジュニアNISA口座の運用状況を公開していきます。

ジュニアNISAやSPXLに興味のある方の参考になれば幸いです。

SPXLとVEUで全世界株式へレバレッジ投資

第2子のジュニアNISA口座では、SPXL・VEUの2つの海外ETFとオルカン・グローバル2倍株という2つの投資信託に投資しています。


以下、各商品の簡単な説明です。

SPXL・・・米国株式(S&P500)を対象とした3倍レバレッジETF

VEU・・・米国以外の全世界株式を対象としたETF

オルカン・・・全世界株式ファンド

グローバル2倍株・・・レバレッジ全世界株式ファンド

米国レバレッジETFと米国除く全世界株式ETFを組み合わせて、全世界株式へレバレッジ投資をしています。

保有割合は全世界株式の国別時価総額比率に準じるようにしています。

イメージとしてはレバレッジVTです。
(ベンチマークは異なりますが)

だいたい今は米国株が全世界株式時価総額の6割弱を占めていますので、SPXL30%、VEU70%が目標です。

この場合ポートフォリオの米国株比率は(0.3×3)÷(0.3×3+0.7)=56.25%となります。

リバランスは追加投資の際にノーセルリバランスで行っています。
運用額が増えてきており、リバランスするのが難しくなってきている点が課題です・・

レバレッジは0.3×3+0.7=1.6倍ですね。

リバランスがかなり大変なので、今年からレバレッジ枠は世界株式の2倍レバレッジファンド、グローバル2倍株ファンド(地球コンプリート)を買っています。

資産公開

口座2

8月末現在の資産状況です。

SPXL 130株 1,756,402円

VEU 400株 3,174,678円

個別株 235,300円

グローバル2倍株 260,346円

オルカン 103,341円

その他投資信託 24,788円

合計 5,554,856円

となりました。

第1子のジュニアNISA口座とほぼ同額です。

いい感じの勝負になっています。笑

資産額の推移

2

資産額の推移です。

第2子のポートフォリオは大部分がドル建ての海外ETFとなっていますので、ドルベースで表記しています。

こうみると、やはりレバレッジをかけているだけあって波が大きいですね。

2022年なんかは、80万円の追加投資を実施しているのに最大1万ドル近く資産が減っていますからね。

一般論としてはレバレッジ型への投資はおすすめできませんね。

新NISAではレバレッジ投信は対象外となるとのことで、この決断は正しいと考えています。

第2子のジュニアNISA口座は運用5年目。

しっかりと80万円×5年の枠を使い切って、あとは資産が増えていくのを待つばかり・・・




にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ


↑いつも応援クリックありがとうございます!
あなたのおかげでブログを続けられています!!

↓LINE証券今ならただで株をゲットできます
 

↓CFDするならGMOクリック証券 株式手数手数料も安いです