無題

みなさんこんばんは。

経済的自由を目指す投資家の森田です。

【1489】日経高配当株50ETFの月次レポートが出ていますので、今回はその内容を見ていきます。

【1489】日経高配当株50ETFは高配当株50銘柄を投資対象とする高配当ETFです。

10月末配当利回りは5.7%

画像

月次レポートによると10月末の指数配当利回りは5.7%となりました。

引き続き高い配当利回りを維持しています。

異常値とも言える配当利回り10%を超えている海運株が2銘柄入っていますので、一時的に配当金が増えている部分はありますが、海運株の比率は2つ合わせても6%にも届かないので、これを除いても配当利回りは高いです。

純資産総額も増加

気になった点としては純資産総額の増加です。

今年の9月に初めて純資産総額500億円に到達した後、先日ついに600億円に届きました。
2ヶ月ほどで100億円の増加です。

2018年頃にも基準価額が40,000円~42,000円頃と今と同じ水準だった時期があるのですが、その時の純資産総額は150億円にも届いていませんでした。

少しずつですが、資金が流入しており、かつ最近になってそのペースがあがっていることがわかります。

構成銘柄

画像

構成銘柄の上位10銘柄です。

運用ルールとして純資産比が5%が上限となっています。

メガバンクが3社とも入っていますね。
あとはJT、日本郵政、武田、ソフトバンクと雑誌などでもよく紹介される高配当銘柄がずらりと並びます。

鉄鋼系と海運に関しては特需的な好業績による一時的な高配当銘柄と言えるでしょうか。

今年は堅調

日経高配当株50ETFは年初時点に比べて10%以上基準価額が上昇しています。
全体相場を考えればかなり堅調なんですよね。

このあたりも資金流入が加速している理由かな。

分配金をしっかり出しながら基準価額も上昇してくれれば言うことないですが、そううまくはいかないでしょうねー 笑

日経高配当株50ETFは今後もチェックしていきます。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ


↑いつも応援クリックありがとうございます!
あなたのおかげでブログを続けられています!!

↓LINE証券今ならただで株をゲットできます
 

↓CFDするならGMOクリック証券 株式手数手数料も安いです