無題


みなさんおはようございます。

経済的自由を目指す投資家の森田です。

久しぶりに損切りして9月は厳しいなーと思っていたら思わぬ銘柄に助けられました。

ヒロセ通商損切り

画像4

ヒロセ通商を損切りしました。

結構痛かったです・・・

利益が出ていた時期もあったのですが、優待人気で権利付最終日までにもう少しは上昇するだろうと保有を続けていたら、株価は9月に入ってずるずると下げました。

8月は2,700円台をつけていましたが、9月は2,700円を一度もつけることなく株価は2,600円、2,500円を割っていきます。

こりゃ、権利落ちも怖いなということで権利落ち前に損切りしました。

タカラレーベン・インフラ投資法人TOB

で、9月は下落相場だったし、確定利益も少ないなーと思っていたら、タカラレーベン・インフラ投資法人がTOBを発表。

正直、株価上昇ランキングを見るまで気付きませんでした 笑
インフラファンドは放置銘柄ですからね。

売却

画像

TOB銘柄をずっと持っていても手間と時間がかかるので、売却することに。
合計10万円以上の利益となり、ヒロセ通商の損切りを上回りました。

よかったよかった 笑

貴重なインフラファンドが

インフラファンドのTOBは今年度2回目。

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人も今年TOBされました。
この銘柄も持っていたので、ありがたく利益確定させてもらいましたが問題も・・・

インフラファンドはもともと7銘柄しかなかったんですよね。

タカラレーベン・インフラ投資法人のTOBが成立すれば(多分するでしょう)2銘柄がTOBにより消えインフラファンド銘柄はこれで5銘柄になります。

マイナーなまま終わってしまうのか

インフラファンドは分配金利回りが高く、株価も安定していますが、時価総額・流動性が低いです。

ただでさえ7銘柄と少ないなかで、TOBで2銘柄減ることになればマイナーな存在のまま消えていくのかという懸念もあります。

上場インフラファンドを全部ひっくるめたインフラファンドETFの登場に少し前は期待していたのですが・・・

どうなるんだろう??

とりあえずTOBされそうな他のインフラファンド銘柄を買っておくか。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ


↑いつも応援クリックありがとうございます!
あなたのおかげでブログを続けられています!!

↓LINE証券今ならただで株をゲットできます
 

↓CFDするならGMOクリック証券 株式手数手数料も安いです