画像上書き用

みなさん、こんばんは。

仕事休んで激しく動く株価を眺めていたいなと思っている個人投資家の森田です。

ここ1週間は株式市場が大きく混乱した1週間でしたね。
今日も日経が大きく下落しており、「え、まだ下がるの」と思った方も多いのでは?

おもしろいように株価が下がるので何か笑ってしまいます。笑

私の主力株である【2337】いちごも市場平均よりかなり大きく下落しているので笑っている場合では無いのですが。

んー、そろそろ下げ止まってもらいたいですね。

自分が買うまでは株価が下げていてほしいし、自分が買ったら上昇してほしい。
人間は欲深いいきものですね。

こういった外部要因で大きく株価が下落する可能性はありますので、信用取引などで過度にポジションを取り過ぎるのは禁物ですね。

私の信用維持率も800%程度から600%を下回る水準まで下落しており、少し焦っています。笑


さて、そんな中で少しばかり余裕資金があったので先日株を購入しました。
本日はその報告です。

SPXLとSPYDを購入

画像 (1)

妻のNISA口座で25日と26日にSPXLとSPYDを購入しました。

SPXLはS&P500の3倍レバレッジETFです。

SPYDはS&P500銘柄から配当利回りの高い銘柄で構成されるETFとなっています。

SPXLはレバレッジETFですので、ここ1週間でおもしろいほど下落しています。

SPXLは1週間で70ドル超から30%下落

SPXLは先週末時点で70ドルを超えていましたが現在の株価は約50ドルと30%程度下落しています。
チャートはこんな感じです。


画像

えげつないチャート・・・

私が買った時点からも10ドル以上下落しています。

本当は昨日も(日本時間26日深夜~27日未明)買いたかったのですが、寝てしまいました。笑

今日は何とか起きて追加購入したいですね。

SPYDは10%超の下落

以下がSPYDのチャートです。
画像上書き用

高配当ETFであるSPYDも10%以上下落しています。
レバレッジETFであるSPXLと比べると下落率はかなり低いですが、それでも1週間としては大きな下落です。

チャートを比べるとSPXLのリスクの高さがよくわかりますね。

暴落時にはポジションを取り過ぎない範囲で追加購入していく

株価が下がっているからといって、安易に購入するのは危険です。
特に生活資金や信用取引を利用して無理に購入することは絶対やめましょう。

株式市場から退場してしまえば、暴落後の上昇局面で利益を得ることはできません。
無理にポジションを増やさなくてもしっかりと投資を継続できれば、歴史上長期的には利益が出ています。

長期投資を続けるために、重要なのは資金管理です。
リスクを取り過ぎないようにしっかりと資金管理を行いましょう。

その上で、余裕資金があれば株を購入するのも一つの手かも知れません。
暴落に巻き込まれて魅力的な株が明らかに割安になっているのであればチャンスかも知れませんね。

ただ、その際も周囲に流されることなく、自分で投資判断することが重要です。
確固とした投資判断のもと投資を行わないと、ちょっとしたことで動揺してしまい株を手放してしまう可能性があります。

値ごろ感だけで投資を行うのは大変危険です。
無理に売買をすることはありませんので、相場が混乱している時には近寄らないというのが最善の手かも知れません。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村