画像

みなさんおはようございます。

経済的自由を目指す投資家の森田です。

愛する我が子のおかげで慢性的に寝不足になっております。笑
いっぱい泣いていっぱい飲んで元気に大きくなってほしいものです。
もちろん私よりも妻の方が大変なので、できる部分は積極的に動きつつ協力してやっていきたいですね。

そんなこんなで無事、第3子のジュニアNISA口座の申し込みを行いました。
(住民票の写し(コピーでは無い)って書き方何とかならんのかいな 笑
金融機関によっては住民票って書いてますし、統一してほしいですね。
そもそもジュニアNISAもネット申し込みできるようにしてほしい。
でももう制度無くなるし無駄ですね。)

閑話休題

色々悩みましたが、第3子のジュニアNISAはeMAXIS Slim 全世界株式(通称オルカン)とUSA360で運用していこうと思います!

eMAXIS Slim 全世界株式
画像

eMAXIS Slim 全世界株式(オルカン)に関しては深く言うまでもないですね。
全世界株式を投資対象とした低コストのインデックスファンドです。
(私はオルカンって言い方は好きじゃ無いです 笑)

ジュニアNISAは少なくとも18年は運用していくつもりですので、どの国・地域や成長してもいいように全世界株式への投資を軸にしていきます。

オルカンのETF版といえる【2559】MAXIS全世界株式上場投信という商品と悩みました。
が、2559はETFの性質上配当が出る点と金額指定で購入できない点、オルカンにすれば投資信託の保有額に応じてポイントがつく点を考慮し、オルカンに決めました。

2559の場合、投資信託保有によるポイントはつきませんが貸株することで金利を受け取ることができますが、NISA口座は貸株できません。

使い勝手なども含めてオルカンの方が良さそうという結論です。

特定口座で買うなら2559にすると思います。

オルカンは第3子のジュニアNISA口座の軸とします。
ジュニアNISAは年間80万円が投資額の上限ですが、このうち50万円をオルカンに投資する予定です。

そして、残り30万円をUSA360に投資しようと考えています。

USA360
画像

USA360はレバレッジバランスファンドです。

米国株式90%、米国債券を270%というポートフォリオを目指します。

レバレッジがかかっているのは債券のみです。
画像

株式と債券の負の相関性を利用してリスクを抑えつつ、レバレッジをかけることでリターンを向上させるというものですね。

シミュレーション
画像


過去データを使ったシミュレーションです。

シミュレーションでは確かに、振れ幅(リスク)を抑えつつ高いリターンを得られていますね。

私としては世界株と世界債券を使った同様のファンドが良かったですが、ここしばらく米国株は強いですからね。

レバレッジバランスファンド自体はUSA360の他にもグローバル3倍3分法ファンドやグローバル5.5倍バランスファンド、ウルトラバランス世界株式などがあります。

ただ、グローバル○○シリーズは信託期間が無制限ではありません。
また、ウルトラバランス世界株式はネーミング的には私好みですが、債券部分が米国国債・フランス国債・日本国債となっており、構成にいまいち納得できません。

ということでUSA360に投資する予定です。

米国の金利は現在低く今後上昇していくことが予想され、債券価格は下落することになりそうですが、5年国債と10年国債が半々程度の構成となっていますので、TMFのような価格変動にはならないだろうと考えています。

また、コロナショックの際にしっかりと分散効果が確認できたのも良かったですね。

画像

債券の割合が多くレバレッジがかかっているため、金利上昇局面ではリターンが低下することになると思われますが、長期的には金利下落局面もまたあるでしょうからね。

第1子、第2子のジュニアNISA口座ではSPXLやiFreeレバレッジ S&P500といったレバレッジ商品に投資していますが、限られた枠の中でリバランスを行うのが難しくなってきました。

オルカン50万円、USA30万円と単純に投資できるのも運用が楽でいいなと考えています。

こどもが成人するまでの長い期間の投資となるので、なるべく手間なく投資していきたいですね。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ