画像

みなさん、おはようございます。

経済的自由を目指す投資家の森田です。

こどもの教育資金や経済的自由の獲得のため投資しています。

資産形成期の投資において入金力はとても重要なので、妻と子ふたりのNISA枠・ジュニアNISA枠の上限年間280万円を追加投資額の目標としていますがなかなか厳しいですね。

給料の手取りが21万円~22万円ですので。笑

さて、運用状況のチェックとやる気を出すために毎月末に投資状況の確認をしています。

今回は第1子のジュニアNISAの運用状況についてです。

第1子のジュニアNISA口座では投資信託で世界株式へレバレッジをかけて投資しています。
運用状況
画像2

3月末(4月はじめ)の運用状況です。

評価額が約350万円となりました。

評価益も100万円に近い水準まで来ましたね。

株高のおかげです。ありがたやありがたや。

下落相場が来てもしっかりと投資を継続していきます。

第1子のジュニアNISA口座は運用4年目です。

今年のジュニアNISA枠はまだ35万円残っています。

残りは7月あたりに買い増しする予定です。

投資信託で全世界株式へレバレッジ投資

第1子のジュニアNISA口座で保有しているのは以下の4つの投資信託です。

楽天VT・・・全世界株式(VT)を買う投資信託(追加購入停止)

eMAXIS Slim 全世界株式・・・全世界株式

iFreeレバレッジS&P500・・・米国株式(S&P500)の2倍レバレッジ商品 

雪だるま(新興国株式)・・・新興国株式 

コスト面を考慮し、楽天VTの購入をストップしてeMAXIS Slim 全世界株式を購入しています。

せっかくの非課税制度であるジュニアNISA枠を失うのはもったいないので、非課税期間中は楽天VTの売却は考えていません。

目標の保有割合は

全世界株式・・50%

iFreeレバレッジS&P500・・40% 

雪だるま(新興国株式)・・10%

です。

保有している4つの投資信託のうちiFreeレバレッジS&P500にはレバレッジがかかっています。

全世界株式をベースとして、そこにFreeレバレッジS&P500でレバレッジをかけて雪だるま(新興国株式)で新興国比率を整えています。

本来は実際の国別時価総額比率に準じる形にしたかったのですが、適当な商品がありませんでした。

もっと投資信託の本数を増やせばできると思いますが、ジュニアNISAが終了する2023年以降のことも考え、保有する投資信託はなるべく少なくしたかったことも理由です。

結局、実際の国別時価総額比率に比べて米国株式の割合が多く、米国以外の先進国株式の割合は低いポートフォリオとなっています。

評価額の推移
画像2

過去最高の評価額となりました。

波はありますが概ね右肩上がりとなっています。

定期的に買い増ししているので当たり前と言えば当たり前ですが。

まだまだ少なくともあと十数年運用を続けていく予定ですので、相場に振り回されないように粛々と投資を継続していきます。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ