無題

みなさん、こんばんは。

経済的自由を目指す投資家の森田です。

アパートの施行不備や決算発表の再延期で業績不安があるレオパレス21ですが、先日9月30日に決算発表を行いました。

結果は赤字決算となり債務超過となりました。

合わせて、増資などを発表し米ファンドから約572億円の支援を受け入れることを発表しました。
レオパレス21 第1四半期決算は140億円超の赤字

決算業務に従事する従業員が大量に退職したことで、決算発表が延期になるという何とも言えない理由で決算発表が遅れていたレオパレス21の決算ですが、140億円を超える赤字決算となりました。
無題

大幅赤字ですね。
やはり業績回復には時間がかかりそうです。

前回決算時の純資産は15億円程度でしたので債務超過となりました。
無題

決算発表と合わせて、債務超過解消などのために米ファンドから支援を受けることを発表しています。

米ファンドから572億円の支援

レオパレス21は決算発表と合わせて、

・第三者割当による増資
・新株予約権付ローンに係る第5回新株予約権の発行
・連結子会社による優先株式の発行

を発表しました。

増資、子会社の優先株式の割当による出資として272億円、ローンとして300億円の融資を受けますので合計572億円程度の資金を得ることになります。

株式発行の割当先千鳥合同会社、ローンの貸付人楓合同会社は米ファンドであるフォートレス・インベストメント・グループの関連事業体です。

また、フォートレス・インベストメント・グループはソフトバンクグループの傘下でもあります。

第三者割当増資によりレオパレス21の筆頭株主は千鳥合同会社となります。

フォートレス・インベストメント・グループが筆頭株主に
無題

千鳥合同会社は前述の通り、フォートレス・インベストメント・グループの関連事業体です。

実質的にレオパレス21の筆頭株主は米ファンドである
フォートレス・インベストメント・グループになるということですね。

筆頭株主が変わったことで経営戦略が変わるのか、注目していきたいと思います。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村