みなさん、こんばんは。

昨晩もNY市場はサーキットブレイカーが発動しましたね。
サーキットブレイカー祭りに市場参加者は大興奮ですね。

各株式指標も2月の高値から30%程度の下落となっており、株式投資家には厳しい環境が続きます。

レバレッジ3倍のETFであるSPXLは70%を超える下落です。

こんな状況では残念ながら投資を止めてしまった方もいるでしょうね。

私も投資を始めたころにこれだけの下落があれば投資を止めていたかも知れません。
といいつつ、投資2年目ぐらいでリーマンショック、金融危機があったなと思い出しました。

あの頃は買っても買っても株価が下がっていきましたね。笑

トヨタの株価が8,000円近くから2,000円台になったのを覚えています。
なんだかんだいっても現在のトヨタの株価が6,000円台なので投資は続けることが何より大切だと改めて実感しました。

といっても銘柄選定を間違えては長期投資をしても資産を減らす(無くす)だけです。
長期でしっかりと成長していく銘柄を見つけることが重要ですね。
(時間をかけて失敗する可能性のある個別株投資をするよりはETFや投資信託に投資した方がほとんどの方にとってはメリットがあると思っています。)

ということで今回は銘柄紹介です。

紹介するのは

【6095】メドピア

です。





【6095】メドピア

メドピアは医師向けコミュニティサイト「MedPeer」 を運営している企業です。

以前紹介した【2413】エムスリーと似ていますね。



医療分野は人間が生きていく以上、高い需要がある分野です。
人口が減少している日本ですが高齢化、長寿命化により医療分野は成長余地があります。

エムスリーについても言えることですが、医療とITを融合した分野は今後更に成長していくと考えていますので、魅力的な分野ですね。

医師向けコミュニティサイト「MedPeer

メドピアは医師向けコミュニティサイト「MedPeer」を運営しています。

MedPeerは医師専用のコミュニティサイトです。
MedPeerでは臨床情報の共有や相談、医薬品についての詳細な処方経験共有サービス、WEB講演会など医療に関する様々なコンテンツがあります。

国内医師の3人に1人が参加している大規模なサイトです。

MedPeerの収益源は広告収入が主

医師は無料でMedPeerを利用することができます。

ですので、MedPeerの収益は医師ではなくMedPeerに広告を掲載する製薬会社などから得ています。

MedPeerは医師専用サイトですので、医師向けに広告を出したい製薬会社などにはもってつけのサイトというわけです。

MedPeerの会員医師数は10万人を超えています。
MedPeerの会員数、利用頻度が高まればそれだけMedPeerに出す広告効果も高くなるというわけです。

そのためメドピアは、自社サイトを医師により活用してもらうために充実したコンテンツの作成や改善を積極的に行っています。

メドピアの事業内容

メドピアの事業セグメントは以下の2つです。

・ドクタープラットフォーム事業

・ヘルスケアソリューション事業

それぞれについて見ていきましょう。

ドクタープラットフォーム事業

ドクタープラットフォーム事業は前述のMedPeerを基盤とした医療関係者向けのサービスを提供しています。

主な収益はサイト上に掲載する広告費です。

メドピアの収益の大半を占める同社のコア事業となっています。

今期は医師向けのインターネットテレビを開局するなど、コンテンツ充実を積極的に行っています。
会員医師数や利用頻度、コンテンツ数などが増加していけば、得られる収益も拡大していくでしょう。

また、薬剤師向けのコミュニティサイト「ヤクメド」の運営も行っています。


ヘルスケアソリューション事業

ヘルスケアソリューション事業は一般向けに健康増進・予防などのヘルスケアサービスを提供する事業です。

例えば、

医師によるオンライン医療相談が可能な「first call」

管理栄養士による食生活コーディネート「Diet plus」

などのサービスを展開しています。

また、薬局大手のスギ薬局と提携しており、スギ薬局と連携した様々なサービスの提供を行っています。

メドピアの業績

メドピアは成長段階にある企業です。

画像上書き用

前期決算は売上高38.5%、営業利益51.8%の増収増益となっています。
今期予想についても売上高、営業利益ともに40%を超える増加予想です。

ドクタープラットフォーム事業とヘルスケアソリューション事業ともに増収増益基調にあり更に新規事業により成長を加速されていく方針を示しています。

画像上書き用

MedPeerの基盤がある程度固まったので、これからは利益も追及していく段階といったところでしょうか。

会社の目標としては今期に時価総額500億円超を目指すとしています。

明確に目標の時価総額を掲げている点は株主重視の姿勢が垣間見えますね。

ちなみに現在の時価総額は半分の250億円程度です。

コロナショックが目標達成の逆風となっていますがどうなるでしょうか。

メドピアの今後に期待

メドピアは医療とITという成長余地のある分野の企業です。
医療関係のサイト運営ではエムスリーというダントツのガリバー企業があります。

ですが、医療従事者向けサイトの運営という仕組み上、エムスリーとメドピア両方のサイトを利用することも十分あり得ます。

むしろ、知名度があり利便性が高いのであれば両方のサイトを利用するのが自然だと考えます。
何しろ医師は無料でサイトを利用できるのですから。

よって、私はエムスリーという大きな存在があってもメドピアが成長していくことは十分可能だと考えています。
そのためにはメドピアの独自の価値を提供することが大切です。

この点では、メドピアはどんどんと新コンテンツの導入や、既存コンテンツの改善、新サービスの提供などを行っています。

これからが楽しみな企業ですね。

最後となりますが、投資はくれぐれも自己責任でお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村