無題

第2子のジュニアNISA口座で2020年分の初取引を行いました。
海外ETFのSPXLとVEUを購入しています。


SPXLとVEUによるレバレッジVTポートフォリオ

長期投資を前提とした場合、
歴史的に株式は債券など他の金融商品より高いリターンを記録しています。

株式は債券に比べて変動が大きいので、
短期的にはマイナスになることもありますが、
長期的には高いリターンを生んでいる投資商品です。

よって、私は18歳まで引き出しができないジュニアNISA口座では株式100%としています。
更にSPXLというS&P500指数の3倍の動きをするETFを組み入れることで、
140%~160%程度のレバレッジをかけています。

具体的には下記2つのETFによるポートフォリオです。

SPXL  S&P500指数の3倍の動きをするレバレッジETF

VEU    アメリカ以外の世界中の株式に連動するETF

SPXLはアメリカ
VEUはアメリカ以外 ですので、
これらを組み合わせることで、世界中の株式にレバレッジをかけた状態で投資ができます。

VTという世界株式に連動するETFがありますが、
SPXLとVEUを組み合わせて疑似レバレッジVTとしているのがこのポートフォリオです。

アメリカ株式市場の時価総額に応じてSPXL比率を調整

SPXLとVEUの割合はおおよそVTの国別割合に準じるようにしています。

現在世界株式市場に占めるアメリカ株式市場の割合は55%程度ですので、
SPXL×3とVEUの割合が55:45程度になるように調整しています。


リバランスの実施
残高1
リバランスは売却無しのノーセルリバランスです。
今回の購入(ノーセルリバランス)で、
レバレッジVTポートフォリオ総額は10,000ドルを超えました。

ジュニアNISAの運用で多額の出費が予想される高校卒業後以降の教育費を捻出する予定です。
まだまだ、先は長いのでコツコツと投資を続けていきます。

レバレッジVTに関する記事はこちら



ジュニアNISAに関する記事はこちら


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村