画像上書き用

皆さんこんばんは。
FPの森田です。

2020年になり、NISA口座の新規枠での取引を考えている方も多いのではないでしょうか?
特定口座で保有している株をNISA口座での保有にする場合もあると思います。

こういったNISA以外の口座の保有株をNISA口座での保有に変更する際に、
信用取引を利用した現引きの取引はできませんので注意が必要です。



信用取引の現引きとは

信用取引で買った株は、金利などの諸費用を含めた購入費用を支払うことで、
現物株とすることが可能です。

この決済方法を現引き(げんびき)と言います。

現引きを利用したクロス取引

保有している株を継続して保有したいが、
税金対策などで一旦損益を確定させたい場合などは現引きを利用してクロス取引を行います。

保有株の売り注文と同時に信用取引の買い注文を出し、
約定後現引きすることで実質的に保有を継続することができます。

クロス取引を利用することで、
売り注文を出した後買い注文を出すまでに株価が変わってしまうということを防ぐことが可能です。
ですので、クロス取引は株価が変動しない寄付きなどに行います。

現物株ではクロス取引はできませんので、
クロス取引をする際は信用取引を利用することになります。
クロス取引を相場操縦目的で行うことは禁止されていますので、
相場操縦に該当するような取引をする場合は原則、発注ができません。

また、発注できたとしても相場操縦に該当するような取引を行った場合は、
処罰される可能性がありますので、注意してください。

NISA口座は現引きできない

さて、通常の口座で保有している株をNISA口座での保有としたい場合、
現物の売り注文後に買い注文を出すと株価変動により損をする可能性があります。

そのため現引きを利用したクロス取引をするメリットがありますが、
実際はこの方法は利用できません。
NISA口座は一切の信用取引ができないからです。

これを知らずにクロス取引を行うと、
現引きができず、結局再度取引することになりますので注意してください。

NISA口座の取引は現引きを含めて信用取引はできません。
通常口座の保有株を売ってNISA口座で買い直ししたい時は、
売買注文を出している間に株価が変動するリスクがあっても、現物で取引するしかありません。

ジュニアNISAに関する記事はこちら


新NISAに関する記事はこちら


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村