無題

皆さんこんばんは。
FPの森田です。

ここ、最近NISA制度について色々な報道がありましたが、
ある程度方向性が見えてきたようですので記事にします。


NISAとつみたてNISAの1本化は見送り


少し前にNISAとつみたてNISAが1本化されるという報道がありました。
そのすぐ後に、1本化見送りという報道が出て混乱された方も多いのではないでしょうか?

結局、NISAとつみたてNISAは1本化は無さそうです。
こういった報道は混乱を招かないように慎重に報道してほしいものですね。

1本化案では、つみたてNISAがベースになるとのことでしたので、
現在NISAを活用している私もショックを受けていました。

ですが、制度変更があるものの何とかNISAも存続するようで一安心です。

NISAは現行NISAを2階建てにし安定投資を必須に

現在の与党案では、2023年に終了する現行NISA制度を2024年に一部変更し継続する予定です。
新NISAは、
安定投資に向いている金融商品にのみ投資ができる1階と
従来通り個別株にも投資ができる2階
という2階建て構造で、1階の投資を行った方のみ2階部分へ投資ができます。

参考 日経新聞

無題

1階部分の投資対象はつみたてNISAと同様に指定された商品しか選択できません。
おそらくつみたてNISAと同様の商品になると思われます。

投資額は1階部分が年20万円、2階部分が年102万円です。
現行のNISA制度と同じく、新NISAとつみたてNISAは選択制となっています。
投資期間が5年延長され2028年までとなる予定です。


新NISAが2階建てとなった理由

NISA制度はギャンブル的な使い方をされており、
安定した資産形成という本来のNISA制度の趣旨から外れているという批判がありました。

確かに各証券会社のNISA取引ランキングなどでも、
短期的な売買向きの金融商品が上位に入ることがあり、
こういった批判は的外れというわけではありません。

今回1階建て部分を安定投資商品限定としたのは、
NISAを利用したギャンブル投資問題の対策でしょう。

ただ、結果的には1階建てはつみたてNISAと重複していますので、
苦肉の策という気がしますね。
例えば、つみたてNISAの対象となる投資商品には、
世界株式に投資するような商品の場合、長期的にはしっかりと資産形成ができるでしょうが、
NISAの5年という非課税期間では資産形成ができるか疑問です。

本格的な不況になれば5年間で経済が回復しない可能性も十分ありますからね。

ジュニアNISAは2023年で終了 

私にとっては、新NISAのニュースよりジュニアNISAが延長されなかった方が大きいニュースです。
といってもジュニアNISAはロールオーバーにより20歳までは非課税で運用することができます。

2023年までにジュニアNISAで投資した分については、
子供が20歳になるまでは非課税運用できるということです。

これって、2023年までに子供ができた人がすごく有利じゃないですか?
実際、私は2023年までに子供2人分の80万円×5年×2人=800万円を投資する予定ですので、
かなりの金額を長期間非課税で運用できることになります。

2024年に子供が生まれた場合はジュニアNISAで投資することはできませんので、
同じように投資をしたとしても課税されてしまうのです。

平均的な株式のリターンである6%で運用すると20年で3倍以上になりますので、
税金額もかなりの額になります。

2023年が近づけばこの問題が騒がれる気もしますがどうなんでしょう?
実際ジュニアNISAを活用している人が少ないようですので、
案外スルーされてしまうかも知れませんが。

どちらにしろ、しっかりと2023年までにジュニアNISA口座で投資していきます。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村