無題

以前紹介したようにアメリカ株の売買手数料が下がりましたので、
アメリカ株の購入を検討しています。

アメリカ株売買コストダウン記事はこちら


アメリカ株

アメリカ株は魅力的な銘柄が本当に多いです。

ざっと見て候補にしたのが

・VISA
・マスターカード
・マイクロソフト
・グーグル

です。

中でもVISAとマスターカードは業績に文句のつけようがありません。
利益率やキャッシュフローも素晴らしい企業です。

クレジットカードが利用される度に手数料が入るという分かりやすいビジネスであり、
キャッシュレス化はどんどん進んでいくと思われますので、将来性もあります。

株価も安定して上昇しており、シャープレシオを驚くほど高いです。
シャープレシオはリスクを踏まえた上でのリターンを評価する指標で、
シャープレシオが大変高いVISAとマスターカードは、
簡単に言うと、他の銘柄よりローリスクハイリターンということが言えます。

アメリカ株投資家の多くが保有していることからもその優秀さが分かりますね。

黙って買っておけば銘柄だとも思います。
正直、私の主力銘柄であるいちご(2337)より間違いない銘柄です。笑


さて、実際ほとんど購入する段階までいきましたが、
結局VISAとマスターカードの購入は止めました。

個別株を買う必要があるのか

VISAやマスターカードが魅力的な銘柄であることは間違いありません。

ビジネスモデルが優れており、安定して高い利益率を誇る大企業でありながら成長性もある。
素晴らしい企業です。

ただ、投資をずっと続けていればおそらくどこかのタイミングで、
VISAやマスターカードより自分が良いと思う企業に出会うでしょう。

そして、全額あるいは一部を乗り換えることになると思います。
それを何回も繰り返していれば、いずれ失敗する気がするのです。

結局、一昔前も今のVISAやマスターカードのように、
もてはやされた企業がいくらでもあり、そういった企業のいくつかは衰退しています。

大切なのは長期投資に耐えうる銘柄に投資することです。

長期投資にはETF 

本当に長期投資を行うなら、ETFという選択肢になるのではないでしょうか。
優れた企業の集合体であるETFを購入することはまだ見ぬ優良企業を購入することにも繋がります。

優秀な企業であれば、ETFに組み込まれるでしょう。
そういった意味では、
魅力的な企業がどんどん出てくるS&P500をインデックスとするETFや、
全世界に投資するVTが結局のところ間違いないのかも知れません。

私はまだまだ数十年以上投資していく予定であり、
特に子ども名義の投資は50年以上になるでしょう。

ですので、現段階ではリスクが管理できる範囲でレバレッジをかけるという投資方針です。
今のところVTのレバレッジ商品はありませんので、
SPXLを購入するという結論になりました。

私も投資ブログを書いていますので、
他の投資家のブログも見ますが、
結局多くの人が同じ銘柄を長期投資できていないんですよね。

レバレッジがかかっている分値動きが激しいSPXLですが、
本腰を入れて長期投資したいと思います。

既に妻と子供名義で保有していますが、
VISAとマスターカードを購入する予定だった資金で追加購入していきます。



にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村